バナー

歯列矯正のために歯科に通っていました

私は小学校三年生のころから、歯列矯正のために入間市の歯科に通っていました。
歯列矯正の中には、抜歯によって生まれた隙間を利用して矯正するものもありますが、私の通っていた歯科はできるだけ抜歯はしない方向性で治療を進めていく歯科でした。



そのおかげで私は歯を一本も抜くことなく、目も当てられない状態だった歯並びがとてもきれいな歯並びになりました。

初対面の方にも歯並びを褒められるほどです。

そこの歯科では、まずレントゲン撮影をしました。

それから歯型を取り、医院長先生と親と私の三人でこれからどのようにして歯並びを直していくかを丁寧に話し合いました。歯の矯正というのは、とても安価なものではありません。


そのため不安を抱いてる親も少なくありません。そこを理解し、高円寺の歯医者の医院長先生は本当に良心的で、細やかな気遣いができ、そして実力も兼ね備えている、いわゆる良医でした。
抜歯をしない矯正方法ではまず、顎の骨格を広げるところから始めます。

毎日少しずつ、歯の装置のアジャスターを広げていくのですが、これが本当に辛い治療でした。


毎日毎日じわじわと歯を圧迫され続けるもどかしい痛みは、小学生という、忍耐力があまりない子供が耐えるのには少し厳しい痛みでした。しかし、矯正というのは大人になってから始めるよりも発育途中の子供のころに始める方が効果が出るのが早く、比較するとその痛みも少ないのです。



そのため、子供のうちに治療するケースが多いというわけです。
私の場合は、その痛みに耐えられなく途中で挫折してしまいました。



そのような時にもその歯科医院の先生はとても優しく励まし、応援してくれて、時間のかかる遠回りの方法に変え、根気強く治療してくださいました。

ゆっくり時間をかけて治療していった結果、当初の予定の二倍の六年かかりましたが、私はとてもきれいな歯並びを手に入れることができました。
矯正は本当に辛いことが多く、途中で断念してしまう人も多いですが、優しい先生のおかげで、完璧な歯並びと根気強さ、継続する力を手に入れられて本当に感謝しています。

市川市の矯正歯科も有名なので気になります。



Copyright (C) 歯列矯正のために歯科に通っていました All Rights Reserved.